建設業許可。専任技術者の要件は、どのように証明するか。経験の場合。

最終更新日

建設業許可に必要な専任技術者とは

建設業許可をうけるにあたって、専任技術者の存在は、経営管理責任者の存在と並んで非常に重要となります。

専任技術者とは、工事施工や契約締結にあたっての技術的な責任者です。

では、専任技術者になるためには、どのような要件が求められるのでしょうか。

専任技術者の要件

ここでは、一般建設業の許可を申請する場合の専任技術者の一般的な要件についてご紹介します。実際に許可を受ける際には、その要件を満たしていることを一つずつ証明していくことになりますので、証明が可能かどうかという点も含めて検討をしていくこととなります。

  1. 営業所の専任であること(非常勤はNG)
  2. 次の3つのうち、どれか1つを満たすこと

(1)許可を受けようとする業種について、10年以上の経験がある

(2)一定の学校を卒業後、5年(学校によっては3年)の経験がある

(3)一定の資格がある

経験の証明方法

では、経験の証明をする場合には、どのような書類が必要になるのでしょうか。

経験を証明するためには、愛知県の場合には原則として、実務経験証明書の提出により経験年数を証明します。実務経験証明書には、必要な経験年数(原則10年)中の各年における工事につき詳細を記載し、かつ誰かに捺印してもらう必要があります。

その「誰か」とは、通常、その工事に携わった際に勤めていた会社の代表等(使用者)で、自身の個人事業としての経験であれば、自分自身でも構いません。また、今許可を取ろうとしている会社で10年以上経験をしていて、その経験で許可を取得しようとする場合には、その会社の代表者でも良いわけです。

一方、問題になりがちなケースとしては、以前勤めていた会社とケンカ別れのような退職をして、その会社での経験で要件を満たしたいような場合です。この場合には、元使用者が証明をしてくれる可能性は少ないですから、要件は満たしていても、許可を取る事が非常に困難になります。他の方法で許可が取れる可能性はゼロではありませんが、ほかに証明に適した人がいるのか等個別事情を考慮の上、管轄の建設事務所と相談をしながら可能性を探るほかありません。

辞める際には、今後のためにも、良好な関係性を築かれることを、強くお勧めします。

なごみ行政書士事務所の建設業許可申請サポート

弊事務所では、建設業許可の申請を代行・サポートしています。

ご依頼をご検討頂いている方は、下記コンタクトフォームまたはお電話にて、お気軽にお問合せください。

対応エリアと料金体系

対応エリアや料金体系についての詳細は、コチラのページをご参照くださいませ。

連絡先

ご依頼をご検討頂いている方は、下記コンタクトフォームまたはお電話にて、お気軽にお問合せください。

なお、営業や売り込み等の目的でのご連絡は、固くお断りいたします。

●電話 0562-38-5505

※原則平日9:00~18:00ですが、左記時間内のお電話が難しい場合には、時間外も可能な限り対応致します。

※面談は、土日や夜間など上記時間外でもご対応可能です。

※ご相談中などは出られない場合もございます。その際は折り返し致しますので、番号を通知してお掛けください。

●コンタクトフォーム


    ※通常、48時間以内に何らかの返答を致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはinfo@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

    ※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、「自分で手続きはするけど、ちょっと聞きたい」という電話やメールでのご相談はお受けいたしかねます。ご自身で手続きをおこなう前提でやり方だけが無料で知りたい、という方は、建設事務所へ直接ご連絡ください。

     

    ※本ページは執筆当時の情報で記載しています。改正等により情報が変更となった際には随時改訂しておりますが、ご依頼頂いたお客様のサポートを優先しているため、追い付いていない場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

    また、実際のお手続き等の際には個別事情や改正等により異なる場合もございますので、専門家へご相談ください。無料のブログ記事という性質上、本記事を参照された結果損害を受けられたとしても、弊事務所では責任を負いかねますので、こちらも予めご了承ください。

    ※記事の無断転載を固く禁じます。発覚した場合には、法的措置をとらせて頂きます。
    ※記事は、特に言及のない場合、一般建設業の知事許可について記載しています。

    nagomig