深夜営業できない個室のあるBAR。個室とは、どのくらいの広さか。

個室のあるBARと深夜営業

個室のあるBARでは、原則深夜営業できないんですよね・・。個室って、どのくらいの広さを言うんでしょう?

風営法の規定を見ていきましょう!

BARや居酒屋には様々な店舗レイアウトが考えられ、特に都心などでは少人数向けの個室居酒屋や個室のあるBARも人気があります。しかし、個室のあるBARでは、原則として深夜酒類営業開始届が受理されません。つまり、深夜0時以降に個室を使った営業はできない(※)ということです。

(※)個室部分を深夜帯に使用しない旨を誓約することで届出できる場合もありますが、単に誓約書のようなものを出せばよいのか、個室空間を完全に区切って閉鎖までが必要なのか、そもそも個室空間である以上その空間は深夜帯に限らず客室としては使用してはいけないのか等、管轄によって異なります。もし個室部分を使えなくても深夜営業がしたいという場合には、内装工事や賃借契約の前に管轄の警察署へ相談してみると良いでしょう

では、ここでいう「個室」とは、どのくらいの広さのものを言うのでしょうか。お店の構造の要件について詳しくはこちらの記事に記載しましたが、原則として9.5㎡以下の個室は認められないこととなっています。

9.5㎡というとかなり広く、座席で言うと15~20人くらいのイメージです。2人~6人といった少人数向けの個室のほとんどは、この要件を満たせません。

BARを開業する際は、個室にすることで訴求できるメリットも大きい一方で、原則として個室のあるBARでは深夜営業ができないということを知った上で、お店の構造を検討するようにしましょう。

なごみ行政書士事務所の深夜酒類営業申請サポート

弊事務所では、風営法の深夜酒類提供飲食店営業開始届出(深夜営業のバーや居酒屋の警察署への届出)の申請を代行・サポートしています。

ご依頼をご検討頂いている方は、下記コンタクトフォームまたはお電話にて、お気軽にお問合せください。

対応エリアと料金体系

対応エリアや料金体系、サポート内容等についての詳細は、コチラのページをご参照くださいませ。

連絡先

ご依頼をご検討頂いている方は、下記コンタクトフォームまたはお電話にて、お気軽にお問合せください。

なお、営業や売り込み等の目的でのご連絡は、固くお断りいたします。

●電話 0569-84-8890

※原則平日9:00~18:00です。左記時間内のご連絡が難しい場合、その他の時間帯は、可能限りご対応致します。

※ご相談中などは出られない場合もございます。その際は折り返し致しますので、番号を通知してお掛けください。

※弊所は完全予約制です。大変恐れ入りますが、突然の来所はお断りしております。

●コンタクトフォーム


    ※通常、2営業日以内に何らかの返答を致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはinfo@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

    ※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、「自分で手続きはするけど、ちょっと聞きたい」という電話やメールでのご相談はお受けいたしかねます。ご自身で手続きをおこなう前提でやり方だけが無料で知りたい、という方は、管轄の警察署や保健所へ直接ご連絡ください。

    ※本ページは執筆当時の情報で記載しています。改正等により情報が変更となった際には随時改訂しておりますが、ご依頼頂いたお客様のサポートを優先しているため、追い付いていない場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

    また、実際のお手続き等の際には個別事情や改正等により異なる場合もございます。無料のブログ記事という性質上、本記事を参照された結果損害を受けられたとしても、弊事務所では責任を負いかねますので、こちらも予めご了承ください。

    ※記事の無断転載を固く禁じます。発覚した場合には、法的措置をとらせて頂きます。
    ※記事は、特に言及のない場合、愛知県での取り扱いについて記載しています。

    nagomig