建設業許可

建設業許可

500万円未満の工事しかしないなら、建設業許可は不要か

建設業許可は、一定金額以下の軽微な工事のみを請ける場合には必要ありません。しかし、元請けさんからの要請などで許可を取得すべき場合もあるでしょう。この記事では、500万円以下の工事のみを請ける場合には許可が不要なのか、詳しく解説します。
建設業許可

いくら以上の工事をする場合に建設業許可が必要か

500万円以上(建設一式工事では1,500万円以上)の工事を請ける場合に、建設業許可が必要です。この記事では、建設業許可が必要となる場面について行政書士が詳しく解説します。
建設業許可

建設業を営むには必ず建設業許可が必要?

許可の中には、許可を取得しなければそもそもその事業をおこなってはいけないものが数多く存在します。 では、建設業も許可を取らなければ事業をおこなってはいけないのでしょうか。 この記事では、建設業の許可が必要となる場合について詳し...
建設業許可

建設業許可、建築一式工事を取ればどんな工事でもできるのか

建設業許可には29業種が存在します。 なかでも、「建築一式工事」と「土木一式工事」は名称に「一式工事」と入っているためか、これさえ取っておけば他の専門工事も金額の上限なく請けられると誤解している方は少なくありません。 この記事...
建設業許可

建設業許可は、1業種取ればどの工事も制限なく請けられるのか

建設業許可についてのよくある誤解の1つに、「何か建設業の許可を受けさえすれば、どの工事でも金額制限なく請けることができる」というものがあります。 しかし、そうではありません。 この記事では、建設業許可の種類について詳しく解説し...
建設業許可

建設業許可、工事の29業種とは?

建設業許可では、工事が29業種に分類されています。 建設業許可はそれぞれの業種ごとに取得することとなっており、1つの業種の許可のみを取ればすべての工事が金額の制限なく請け負えるわけではありません。 この記事では、29業種の工事...
建設業許可

建設業許可申請、マニュアルはどこにある?

建設業許可の申請しようと考えた際、自分でおこなおうか行政書士へ依頼しようか悩ましい場合もあるかと思います。 この記事では、建設業許可の申請が自分でできるのかという点や、申請マニュアル(手引き)の有無などについて解説します。 建...
タイトルとURLをコピーしました