建設業許可

建設業許可

建設業の経営管理責任者、必要年数にカウントするのは何の期間?

建設業許可を取得するには、さまざまな要件を満たさなければなりません。 そのなかでも特に重要なものに、「経営管理責任者」と「専任技術者」があります。 この記事では、経営管理責任者の要件について詳しく解説します。 前に現場の...
建設業許可

建設業の経営管理責任者には何年以上の経営経験が必要?

建設業許可を取得するには、経営管理責任者の存在が必須となります。 経営管理責任者とは、その名称どおり、その建設業者の経営を管理する責任者のことです。 では、経営管理責任者になるためには、どのような経験が必要になるのでしょうか。...
建設業許可

建設業許可で必要な経営管理責任者とは?

建設業許可を取得する要件の1つに、経営管理責任者の存在があります。 では、経営管理責任者とはどのような人を指すのでしょうか。また、他の職務などとの兼任は可能でしょうか。 この記事では、経営管理責任者について詳しく解説します。 ...
建設業許可

建設業、愛知県内に複数営業所がある場合は大臣許可が必要?

同じ愛知県内など、同一都道府県内に建設業の営業所を複数設ける場合には、大臣許可が必要になるのでしょうか。 それとも、知事許可でよいのでしょうか。 この記事では、建設業者の営業所を同じ県内に複数設ける場合の許可について解説します...
建設業許可

建設業の「附帯工事」とは?

建設業法には、「附帯工事」という考え方があります。 この記事では、建設業における附帯工事について詳しく解説します。 許可を持っていない業種の工事は、一切やっちゃいけないんですか? いえ、そんなことはありません。詳しくお伝...
建設業許可

一般建設業許可と特定建設業許可の違い

建設業許可には、特定建設業許可と一般建設業許可が存在します。 では、これらのうちどちらを取得すればよいのでしょうか。 この記事では、特定建設業と一般建設業許可の違いを解説するとともに、どちらの許可を取得すべきか解説します。 ...
建設業許可

建設業許可における「営業所」とは?

建設業法では、しばしば「営業所」という表現が出てきます。 営業所は許可の区分においても非常に重要で、仮に営業所が都道府県をまたいで2か所以上存在するのであれば、その県の知事許可ではなく、大臣許可を取らなければはりません。 また...
建設業許可

愛知県知事許可を取るべき場合と大臣許可を取るべき場合

建設業許可には、愛知県知事許可と大臣許可という分類のほか、一般建設業と特定建設業という分類、さらに29の工事業種による分類が存在します。この記事では、建設業許可の種類や知事許可と大臣許可の違いなどについて詳しく解説します。
建設業許可

建設業許可、無許可で500万円以上の工事を請けた場合の罰則とは

建設業法の規定により、一定以上の工事を請ける場合には建設業許可を取らなければなりません。では、仮に許可を取らないまま大きな工事を請けてしまった場合、どのような罰則の対象になるのでしょうか。この記事では、、建設業の無許可営業についての罰則を詳しく解説します。
建設業許可

建設業許可が不要な500万円未満の工事、判断は税込か税抜か

建設業許可は、一定の軽微な工事のみを請ける場合には不要です。軽微な工事には500万円(建設一式工事では1,500万円)未満の工事などが該当しますが、この判断はは税込金額か税抜金額のどちらでおこなうのでしょうか。この記事では、軽微な工事について解説します。
タイトルとURLをコピーしました